超音波 汚泥界面レベル計(スラッジ境界面計)

超音波 汚泥界面レベル計は、超音波を利用し、2つの密度の異なる物質の境界面を測定しモニタリングする技術です。特徴としては、汚泥境界面(スラッジブランケット)の測定が可能で、下水処理沈殿槽や工業用濃縮槽などで活躍する機器です。

スラッジファインダー 2
  • 超音波 汚泥界面レベル計(スラッジ境界面計)
  • 自浄機能付きのバイパートランスデューサ
  • 汚泥境界面(スラッジブランケット)の測定が可能
  • 出力:4-20 mA、RS232
  • 6つの form "C" (SPDT) 5A、110V AC

詳細

超音波水位計 – dB シリーズ
  • 非接触型超音波水位計
  • 水位、容積、流量を測定
  • 測定範囲:3m~50m
  • Pulsar コントローラと組み合わせて使用

詳細